中古車の輸入車の購入

中古車選びに不安がある人は、「中古車の選び方」で解決できます。

中古車の輸入車の購入

 

 

輸入車といえば一見高いイメージがありますが
中古車は、とても安く手に入れることができます。

 

 

しかし、輸入車を購入するときには、
注意しなければいけないことがたくさんあります。

 

 

維持費の高さ

 

輸入車を購入した後
後悔することが多いのが維持費です。

 

 

まずアメ車などの排気量が大きな車は
自動車税が高いです。

 

 

さらに日本車に比べると
燃費も悪く、ガソリン代が多くかかってしまいます。

 

 

そして故障したときにかかる修理代が高いです。
部品交換が必要な場合、
海外から部品を取り寄せなければならないので
かなり高くつくことがあります。

 

 

修理代が高いという事は、
車両保険に加入した場合も
払う保険料がとても高いです。

 

 

左ハンドルになるとどうなるか?

 

 

次にハンドルが左ハンドルの場合は
安全面や利便性に影響してきます。

 

 

日本車は、右ハンドルなので
多くのものが右ハンドルに対応した作りになっています。

 

 

例えばETCをつけてない場合
高速料金の支払いは、右側で行います。

 

 

同じように駐車場の料金支払い機も
右側にあります。

 

 

マクドナルドなどで
ドライブスルーを利用する時も
同じように右側です。

 

 

左ハンドルだと
このような時に毎回不便さを感じます。

 

 

さらに日本は左側通行なので
左ハンドルだと交差点で右折をするときに
直進してくる対向車がとても見えにくいです。

 

 

慣れてないときはとても危険なので
乗り始めたばかりの頃は
特に注意して乗りましょう。

 

 

ここまで左ハンドルについて
悪いことばかり書いてきましたが
左ハンドルの良いところもあります。

 

 

例えば狭い道で
対向車とすれ違う時に
ギリギリまで左に寄せやすいです。

 

 

また縦列駐車をする時も
左側が見えるのでやりやすいです。

 

 

そして1番のメリットは、
輸入車に乗っているという
ステータスを実感できることです。


初めて中古車を購入する人は、「中古車の選び方」を読んでみてください。