走行距離が10万キロを超えた車

中古車選びに不安がある人は、「中古車の選び方」で解決できます。

走行距離が10万キロを超えた車

 

 

中古車を購入する時、
気になるのか走行距離です。

 

 

日本人の一般的な感覚では、
10万キロを超えるとそろそろ限界ではないか、
車に多くの問題が起き始めるのではないか
と思い、10万キロを超えて故障すると
修理に出さずに車を買い替えようとする人が多いです。

 

 

ですから中古車販売店で
10万キロを超えた車を販売していてもあまり売れませんし、
車買取店で10万キロを超えた車を売る場合も
大した買い取り価格になりません。

 

 

しかし、10万キロという走行距離で
車の良し悪しを判断しているのは、
日本人ぐらいで欧州では、
10万キロを超えた車というのは、当たり前で
50万キロ走っている車もいっぱいあります。

 

 

もちろん、部品というのは、
乗れば乗るほど消耗していくので
メンテナンスが必要ですが

 

 

きちんと定期点検を受けて
必要なものだけ交換していけば
10万キロ超えても全然大丈夫です。

 

 

ですから日本人があまり好まない
10万キロ以上走った車の中から
自分にあった車を探せば
かなり安く手に入れることができます。

 

 

また新車を購入して
大事に同じ車に乗り続けるのも
生涯、車にかけるお金を考えれば
かなり安くつきます。


初めて中古車を購入する人は、「中古車の選び方」を読んでみてください。