中古車の値段が下がり方

中古車選びに不安がある人は、「中古車の選び方」で解決できます。

中古車の値段が下がり方

 

 

車は購入してナンバープレートをつけてしまうと
その時点で未使用車でなくなり
価値が10%も落ちてしてしまいます。

 

 

さらに新車を購入して数年乗るだけで
車の価値は一気に下がってしまいます。

 

 

例えば、ランドクルーザーを新車で購入して
1年乗って、車買取店に売りに行った場合、
新車購入価格より20%ほど下がった買い取り価格を
掲示されることあります。

 

 

例えば新車で800万円で購入した車が
1年後に640万円の買い取り価格になってしまいます。

 

 

 

たった1年乗っただけなのに
数百万円下がるのです。

 

 

この下り方は金額ではなく
10%や20%といった
パーセンテージで下がっていきます。

 

 

特に新車で購入して
2〜3年の間が一気に価値が落ちる時期なので
購入した人は、そこで売らない方がいいですし、

 

 

買いたい人は、
新車で買うより2〜3年経過して、
ある程度価格が落ち着いた
中古車を購入する方がお得です。

 

 

特に高級車の場合は
大きな下がり方をするので
お金に困らない人以外は
新車で高級車を購入するというのは
あまり良い選択肢ではありません。

 

 

しかし車の中には
定額で下がる車種もあります。

 

 

例えばスズキのジムニーという車です。
ジムニーは、雪の多い地域で重宝させている車です。
一定量の人たちに人気があり
需給のバランスが取れているため
パーセンテージではなく
定額で下がっていく傾向があります。

 

 

このような車は、
新車で購入しようが
数年経ってから購入しようが
いつ買ったらお得とか損をするとか
そういう事があまりありません。

初めて中古車を購入する人は、「中古車の選び方」を読んでみてください。